女子高生との援助交際で逮捕されずに済んだのが救い

女子高生との援助交際で逮捕されずに済んだのが救い

 ネット上での、様々な詐欺の話というのは耳にする機会が多くあるんじゃないでしょうか?
僕だって、いろいろな詐欺の話を聞いたことがあります。
架空請求や不当請求をはじめ、ワンクリック詐欺。
こういったことは、日常茶飯事な世界なのです。
しかしまさか自分が、詐欺の被害に遭ってしまうなんて、想像すらしていませんでした。
相手が詐欺師とはつゆ知らず、先払いをして3万円も損をしてしまったのです。
また、援デリと言われている風俗業者までいるとのこと。
危険がいっぱいな世界のようでした。
さすがに、精神的な苦痛が激しくなってしまいました。
Twitterでは、相手探しは無理とは、同僚辻村の言葉です。
辻「顔が見えない世界だから、相手を騙すのなんて意図も簡単。特に性欲旺盛な男は騙しやすい。今回のギフト券詐欺で良い勉強になったんじゃないか?」
良い勉強などと言われ、ちょっとカチンときました。
続けて彼は言います。
辻「考えても見ろよ、相手が本物のJKだったら逮捕される確率も高いんだぞ」
辻村の言った逮捕という言葉に、ビクンと反応してしまいました。
はたと思い出したのです。
サラリーマンが女子高生と援助交際をし、逮捕されたニュースはよくあることなのです。
背筋を寒いものが走り抜けていきました。
辻「高い勉強代を支払ったと思えば、別にいいんじゃね?」
ただただ僕は、しょぼくれるばかりでした。

 

 落ち込んでいた僕を励ますかのような、そんな美味しい言葉を発してくれました。
辻「セフレが欲しいなら、利用するサービスを間違えないようにすることなんだよ」
僕「サービス?」
辻「男ってホテル代出さなきゃいけないから、出会いは無料でって考えるだろう。それが間違い。有料の素晴らしいサービスを利用することこそ、真のセフレ探しの方法なんだ」
僕「真の…」
アンテナが反応を始めました。
同僚は何かを知っている。
直感が働いたのです。

トップへ戻る