セフレと付き合う際の注意点

セフレと付き合う際の注意点

セフレと継続して付き合う為には

セフレと付き合う際の注意点
 やはり、せっかく見つけたセフレとは長く付き合いたいと考えるのは当然だと思います。その相手があなたのタイプであればなおさらだと思います。セフレは肉体関係だけの関係で気持ちの良いセックスが出来さえすれば、セフレとの関係を継続できるかというとそうでもありません。セフレ関係を続けていくには恋人関係を続けていく場合とは違う点に気を付けなければなりません。その中でも重要な点について、いくつかピックアップして説明させていただきます。

たまには食事や遊びにも行ってみる

 いつもセックスだけをして別れるのは、セフレ関係としては当然で当たり前の事なのですが、色々とセックスに工夫を凝らしてもマンネリ化は避けられないと思います。マンネリ化を防ぐ為にも、たまに食事に行ったり、遊びに行ったりしてみましょう。あくまでもマンネリ化を防いで、長期的な関係を継続していく為のカンフル剤的なものと捉えておきましょう。

会っていない時は相手の事を考えない

 セフレと会っていない時に相手の事を考えてしまうと、セックスをしたいという気持ち以上に会いたいという気持ちが芽生え始めてきます。その会いたいという気持ちがいつしか好きという気持ちに変わってしまう可能性があるからです。セフレとの関係を継続していくには会っている時以外は相手の事を考えない様にしましょう。それが出来なければセフレを継続する以前にセフレを作る事すら難しいと思います。

相手に対して感情を抱かない

 先程も少し触れましたが、セフレ相手に感情を持ちこむのは止めておきましょう。男女間に感情が入り込んで来ると、愛情の他に妬みや嫉妬といった感情も生まれてしまいます。そうなってしまっては、純粋に肉体関係だけを楽しむ関係ではいられなくなります。セフレ関係を望む人の中はこういった男女の煩わしい感情が入り乱れる関係性に嫌気がさしている人も多くいます。男女間に煩わしい感情が無く、肉体関係だけが楽しめるセフレは非常に楽で都合の良い関係と言えるでしょう。

必要以上に相手を詮索しない

 相手に感情を抱かない為にも必要以上に相手の事を詮索しない事をおススメします。ほんのちょっとした事を詮索すると、必ず他の事も気になってきます。そうなると、相手の事をさらに詮索してしまいます。すると、相手の嫌な所が見えてきたり、相手の事が気になったりし始めてしまいます。これでは既に相手に対して感情が芽生えている状態であるといっても過言ではありません。先程も説明させていただいた通り、セフレ間に感情が入り込むと良い事は何一つありません。もしあなたが恋愛体質であれば、最初からセフレを作る事は止めておきましょう。

定番サイト登録無料

セフレ募集に最適な優良サイトをご案内

トップへ戻る