セフレには束縛される事はなく複数いても浮気にはならない

セフレには束縛される事はなく複数いても浮気にはならない

セフレなら複数いても大丈夫

セフレには束縛される事はなく複数いても浮気にはならない
 セフレは夫婦や恋人と違って、複数人いても浮気にはあたりませんし、何ら問題はありません。なぜ、その様な事が可能になるのかというと、セフレ間には感情が存在しない、ただ肉体関係だけを求め合う関係だからです。但し、自分や相手に決まったパートナーとの間にはもちろん感情もありますので、揉めてしまう原因になったり、法的に裁かれてしまう事もありますので十分に注意が必要です。この辺りの事をクリア出来ているのであれば、1週間全て違う相手とセックスしているなんて事も可能かもしれません。では、セフレとの関係性についてもう少し詳しく見ていきましょう。

セフレは相手の事を詮索しない

 セフレ関係では相手の事を必要以上に詮索しません。セフレは感情を持たない関係なので、相手の事を勘ぐったりして、詮索する必要もありません。相手の事を詮索すればするほど相手の嫌な部分も見えてきますので、そうする事が感情を生み出す事にも繋がってきます。ある意味、感情を持たないので冷たい関係の様に思われがちですが、色々な恋愛経験をしてきた人にとっては非常に楽な関係と感じる方もいます。その為に恋人関係では無い、将来性が無いセフレ関係を望む人も多くなっています。

セフレは相手の事を束縛しない

 セフレは感情を持たない関係なので、相手の事を束縛する事も出来ません。違う異性と出掛けたり、飲みに行ったり、遊びに行ったりする事も何ら問題ありません。もちろん、違う相手とセックスする事を咎める事も出来ません。相手に束縛されないので、非常に楽で自由な時間を持つ事が出来ます。決まったパートナーに束縛されて自由が無い生活を送っている人にとっては、セフレは非常に都合の良い関係に感じる事でしょう。

セフレに感情を持たない事が暗黙のルール

 セフレ間に感情が無いという事は先程説明させていただいた通りです。特に男女が一緒にいて、肉体関係を持つ訳ですから、特に恋愛感情に関しては注意が必要です。セフレが肉体関係だけの関係だからといって、事務的なセックスをする訳ではありません。セフレとはお互いが気持ちの良い肉体関係をトコトン求め合うので、決まったパートナーとのセックス以上に情熱的である場合の方が多いです。女性は一人で寂しい時や仕事でへこんでいる時に優しくされたいとセックスに頼ってしまう事もありますので、この様な場合には特に注意が必要です。精神的に余裕が無い場合に優しく抱かれたりすると恋愛感情が芽生えやすくなります。どちらか一方が恋愛感情を持ってしまうと、嫉妬や妬みや僻みなどのネガティブな感情が生まれてしまいます。ネガティブな感情はネガティブな物しか生み出せません。この事が相手に分かってしまうと、煩わしい関係になりそうと嫌気がさして、あなたの前からいなくなってしまうでしょう。

セフレには煩わしい駆け引きややり取りが不必要

 セフレには感情を持たない事が暗黙のルールになっていますので、恋人や夫婦間にある煩わしい駆け引きややり取りが不必要です。相手に嫌われない様に気を遣ったり、相手のご機嫌を伺ったりする事は必要ありません。仮に相手との関係を終わらせる時でも夫婦間だと慰謝料や養育費の問題や裁判所に行ったりする煩わしい事が必要になってきますが、セフレとの間にはその様な事は一切必要ありません。そもそもどちらかが嫌にならない限り、セフレとは別れる必要はありません。セックスしたくない時は会わない、セックスをしたい時だけ会うといった関係性です。私自身も一度セフレになった相手とはっきりと別れた事はありません。今でも半年以上会っていないセフレから急に連絡が来る事もあります。時間が合えば、相手に気を遣ったりする事なくセックスをするだけの関係が続いています。感情が無いセフレ関係だからこその関係性だと思います。

定番サイト登録無料

セフレ募集に最適な優良サイトをご案内

トップへ戻る