セフレをホテルに誘う流れ

セフレをホテルに誘う流れ

セフレを初めてホテルに誘う時の注意点

セフレをホテルに誘う流れ
 セフレを初めて、ホテルに誘う時はやはり緊張するものです。お互いの目的がはっきりとしているセフレ関係でもそれは同じ事です。いくら事前のやり取りの中でホテルに行く事を了承してくれていたとしても、実際に顔を突き合わせてみると緊張感は変わってきます。その様な状況でも強引な事はせずにスマートにホテルまで誘いたいと考えるのは当然です。実際に会ってからホテルに誘うまでの注意点を時系列に沿ってみていきましょう。

相手にセックスOKかの確認をする

 まずはセックスが出来るかどうかの確認をしてみましょう。事前に写メを交換していなければ、実際にお互いの容姿を確認するのは初めてです。「芸能人の○○に似ているとよく言われます」と言っていても、人の感じ方は千差万別です。中にはセックスするのは生理的に無理という相手もいるでしょう。それは相手も同じ事です。個人的には我慢してまで、嫌な相手とセックスをする必要はないと考えています。性欲を発散する為に会いに来たのに、返ってストレスを溜めてしまう事にも繋がりかねません。無理ならはっきりと断った方がお互いの為です。会ってから断るのは何となく気が引けると感じる人は、事前に「気に入らなければ遠慮なく断って下さいね」と伝えておくと、こちらからも断りやすくなります。

話をして緊張をほぐしてみる

 相手からセックスOKという返事がもらえたら、さっそくホテルへ行ってセックスと考えがちですが、もうワンクッション置いて相手の緊張をほぐしてみると、よりスムーズにホテルへ誘う事が出来ます。相手の緊張をほぐす為に特別な事をする必要はありません。相手と話をするだけでも緊張はほぐれてきます。あらかじめ相手の趣味や興味のある事をリサーチしておくと話は盛り上がりやすいと思います。相手が愚痴や悩みを話し始めた時は少し注意が必要です。この場合は自分の意見や考えを控えて、相手を肯定する様にしましょう。そうする事で相手はあなたに安心感や信頼感を抱いてくれると思います。

お酒の力も借りてみよう!

 話も弾んだところでホテルに誘うのも良いのですが、セックスをさらに盛り上げる為に食事やお酒が飲める場所に誘うのも良い方法です。人はお酒が入ると気持ちが大きくなって、多少の事は気にならない、許せる傾向が強くなります。これを利用して、ボディタッチなどを試してみましょう。相手が嫌がる様子でなければ、手→腕→肩→腰→太ももとステップアップしていきましょう。ボディタッチをされる事で少しずつエッチな気分にもなってきます。お酒の力も手伝ってお店を出る頃には興奮度MAXです。場合によっては、お店の中でのキスは可能になってきます。その場合を考えると、食事は個室を予約しておいた方が良いでしょう。

ホテルに誘ってオフパコへ

 気分も高揚した所でいよいよホテルに誘ってみましょう。ボディタッチまで問題なく出来ているのであれば、お店を出たら手を繋いでみましょう。あなたの肩にもたれかかってきたら、そのまま黙ってホテルに向かいましょう。無駄な会話は必要ありません。また、女性からは恥じらいもあってなかなか「ホテルに行こう」とは誘いにくいので、ここは男性がしっかりとリードしてあげましょう。余程の事が無い限り断れる事はありませんので、自信を持って誘ってください。

定番サイト登録無料

セフレ募集に最適な優良サイトをご案内

トップへ戻る