南あわじ市在住21歳男性漁師のセフレ体験談

南あわじ市在住21歳男性漁師のセフレ体験談

兵庫県の南あわじ市で、高校を卒業してから漁師をやっています。
これ、学校にいる頃から変わらないんだけど、出会いがないんです。
まぁ、モテないし、女子から見ると魅力がないみたいです。
そんな自分だから、欲求不満の塊と言っても間違いがないでしょう。
毎日シコシコやっているけれど、スッキリできるわけもなく。
せめて、セフレでも作れたらという気持ちを持っていました。
こんな欲求不満状態の自分のところに、若い漁師仲間が合コンの話を持ってきました。
「相手は看護師だぞ!現役のナースだぞ!」
この一言に、セフレにできるんじゃないか?とひらめきました。
現役の看護師さんといえば白衣の天使。
魅力いっぱいの職業の女の子。
しかも職業柄チンコは見慣れている。
つまりセックスのハードルが、はちゃめちゃ低い相手です。
酒でも飲ませて、あれやこれやでエッチできるんじゃないか?
激しいまでの期待感でした。
「それ、出席するから!可愛い子いるの」
「兵庫県南あわじ市の美女をかき集めた!巨乳の可愛い子もいるぞ!」
「絶対に出席するぜ!」
ノリノリの返事をしている自分。

 

 合コン当日、ちょっと洒落た服装で待ち合わせ場所まで猛烈ダッシュでした。
集まっている女の子、確かに魅力を感じるナースばかり。
股間がウズウズしまくりの状態。
これ、酔わせて即挿れポン可能じゃね?
とにかく後ろから前から挿れまくる!
あんあん言わせ続ける!
出会いを見つけられる前から、こんな妄想が激しくなってしまっていました。

 

 地元で採れた美味しい魚を食べながら、お喋りに興じる。
なかなか女の子と話す機会がないから、めっちゃくちゃ嬉しくって、自然に破顔していました。
やっぱりお目当ては、可愛い顔の巨乳ちゃん。
はちゃめちゃな魅力を持っている女の子。
白衣でセックスしたら、どんなエロスを味わえるのか、爆裂する妄想。
そこそこ話も盛り上がったし「LINE交換しない?」と頼み込み、何とかIDゲット。
その日のお持ち帰りは断念でしたが、後日また誘い出せば何とかなるはず。
心は弾みまくりでした。

 

 休日買い物に出かけるため車を走らせていたところ、LINE交換した例の可愛い巨乳の看護師が、見知らぬ男と手をつないで歩いていました。
おいおい、彼氏持ちだったのかよ、セフレになってパコパコする俺の夢はどうしてくれるんだよ…。
その日一日、気分急降下で最悪でした。

トップへ戻る