神戸市在住24歳男性会社員のセフレ体験談

神戸市在住24歳男性会社員のセフレ体験談

 なにげにアプリ検索していたんだけど、出会いアプリっていっぱいあるなと感心してしまいました。
出会いアプリがたくさんあると言うことは、需要があるんだろうなと思い、需要があるなら使っている女の子だって多いはず。
つまり出会いアプリを利用することで、エッチな出会いが見つかるのではないか?
そうすれば、憧れていたセフレを作れるかもしれない。
自分の心は、踊り始めていました。
日本最大級のリア充向けアプリなんてキャッチフレーズのぎゃるるは、無料で相手募集ができるようになっています。
これは利用しなければ勿体ないと思い、アプリをインストールしました。
自分が暮らしているのは兵庫県神戸市です。
このあたりでも、セックスのセキュリティの甘い女の子と出会える可能性も秘めているのです。
アプリをインストールしただけで、不思議と出会いを探せたような気持ちになってしまいました。

 

 インストール後、すぐに兵庫県神戸市の女の子たちを探していくことに。
ルンルン気分が全開。
女の子とメッセージの交換にも成功。
相手の女の子、18歳の女子大生。
「あの、援なんだけどいい?」
げっ!援交は嫌だな。
なんか、血の通ったセックスじゃないしな。
「御免、それ無理だから」
1人目は、お断りしました。

 

 次にメッセージのやりとりをしたのが、24歳のOL。
「別2でいいですか?」
ええっ、また援交かよ!とガッカリ感満載。

 

 そしてその次のメッセージの交換にしたのか、20歳のフリーター。
「ホ別3で、お願いできますか?」
げげげっ、また援交だよ!と意気消沈。
なかなかセフレが見つからない。
どっと疲れがアップした感覚を味わうことになりました。
それでもエッチしたい気持ちは変わらず。
ぎゃるるで女の子に声をかけまくりセフレ募集を続けました。
「安心した出会いを探しているんです。だから初回だけ、お金を支払ってくれませんか?2回目以降は、お金は必要ありませんから。頂いたお金も2回目からのホテル代にしたいって思ってて」
なんと、超絶チャーミングな条件を出してくれました。
写メ見たら目がパッチリ、サラサラのロングヘア。
愛くるしい唇。
初回だけの支払いを決め、アポすることにしました。

 

 このアポが、最低最悪を描いたものになってしまいました。
写メとは似ても似つかないデブスのオバサンがやってくる。
ホテル入ったら即挿入させられる。
射精すればすぐにホテルを出るで、30分しか滞在していませんでした。
しかも、これで2万円を支払ってしまったのだから目も当てられません。
でも2回目からタダマンだからって思って連絡を入れると、2回目もお金を要求されました。
開いた口が塞がらないって、本当そんな状態になってしまいましたよ。

トップへ戻る