札幌市在住36歳専業主婦のセフレ体験談

札幌市在住36歳専業主婦のセフレ体験談

北海道札幌市で生活している、どこにでもいる専業主婦の私。
悩みはセックスレスでした。
とても強い性欲があるのですが、夫が少しもかまってくれなくなっていました。
誰もいない時間帯に、バイブや電マを使ってオマンコを慰めていたのですが、我慢ができない。
肉棒が欲しくて、その渇望が強烈で抑えきれない気持ちでした。
セフレ募集ってキーワードが、私の頭の中に浮かびました。

 

 セフレを探すって、現実の世界ではかなり難しいものがあります。
エッチしたいなんて、女だから口にすることができない。
でもこれがネットの世界だったら、匿名性があるから言い出せます。
ネット上で北海道札幌市の安心してエッチができる人を探すため、人気のハッピーメールを使ってみることにしました。
すごく有名な出会い系サイトだから、安心感も高く、ユーザーも多く、とても期待できました。
まずはメール交換から始められる人。
あまり激しくエッチな事を言ってこない人。
それでいて実際に会ったら、濃厚な快楽を味あわせてくれる人を探すため、掲示板に投稿しました。

 

 多くの人たちとやりとりをして、1人の方を選びました。
札幌市内で営業の仕事をしている、27歳の男性です。
さっぽろテレビ塔スカイラウンジで、お茶の約束で待ち合わせすることになりました。
初回は顔を合わせるだけだからと誘われたので、安心して待ち合わせできました。

 

 年下の人ですから、やっぱりどこか可愛らしさを感じるような部分がありました。
爽やか系の男性で、エッチな話をしようという態度すらない。
その日は1時間程度のお話をして「もしその気だったら、お相手してくれたら嬉しいって思ってますよ」と言ってくれ、近くの駅まで送ってもらえました。

 

 その後も、LINEを中心にやりとりを続け、気持ちの整理も付いたため、大人のお付き合いをしていただくことに。
欲求不満の私、この決意をした時は本気で興奮してしまいました。
白石区にあるラブホテルまで車で連れて行ってもらい、初めてのセフレ関係を楽しむことになりました。
優しくリードしてくれて、私の心も体も火照り続けていました。
愛撫やオモチャ責めで絶頂に達してしまうほど。
ここまでは、とっても順調でした。
その後の激しい挿入を、とっても期待していました。
飛び切り激しく中で動かしてもらえる。
でも期待は裏切られてしまいました。
僅か数往復で相手の人、射精してしまったのです。
何だかすごい残念な部分。
挿入でたくさんの快楽が欲しかった私。
とても早い射精に、消化不良のセックスになってしまいました。

トップへ戻る