千葉市在住34歳男性サウンドプログラマーのセフレ体験談

千葉市在住34歳男性サウンドプログラマーのセフレ体験談

 ハッピーメールでシンパシーを感じたのが、地元千葉県千葉市在住の有美香ちゃんでした。
25歳で現役看護師の女の子。
実直に言えば、白衣の天使ってのには、ちょっとした憧れを持っていました。
白衣姿って超エロい。
チンコとか日頃から見ている女の子。
確実に他の職種の女の子たちよりも、セックスに対しての考えがオープンなはず。
だから、さほど駆け引きとか必要ない存在だと思いました。
メールも弾んだから、直接会話に持っていきました。
通話した手応えもかなり良く軽い感じで「お茶でも行かない?」と誘うと、それに応じてくれます。
期待は激しく高まりまくりの状態でした。

 

 千葉県千葉市内の葭川公園駅が待ち合わせポイントに。
近場のカフェで、ただお茶をするだけと言って誘い出したのですが、その近場にはラブホテルもあります。
良い流れを作れたら、白衣の天使有美香ちゃんを連れ込んで、上を下への大騒ぎを楽しむ算段でした(笑)。

 

 セフレ候補生の有美香ちゃん、小顔で整った顔立ちの女の子でした。
スリムなボディラインなんだけど、オッパイの部分だけが違う。
オッパイのボリューミィさに、性欲が掻き立てられるような感じ。
「生で見ると、可愛らしさ抜群だね」
「そんなに褒めないでよ、恥ずかしいでしょ(笑)」
「いや、マジでさ(笑)惚れそう」
「もう〜(笑)」
笑顔もチャーミングで、今回の出会いは大ヒット。
できれば、連続したセフレ関係を作れれば、そんな妄想か頭の中を駆け巡る状態になりました。
「彼氏は?」
「できないんですよ」
「やっぱり仕事が不規則だから?」
「うん、それはある」
「患者から告白されたりするだろ(笑)」
「私の病棟、お年寄りばっかりなんです」
出会いがない、告白もされない、イコール欲求不満のはず。
「ムラムラしないの?」
「下ネタですか」
「いや、気になっちゃってさぁ、なんならお手伝いしようかなって」
ちょっと眉にシワを寄せつつも、嫌っていないのがよく分りました。
そこからさりげないやりとりを続け、近くのホテルに誘い出せました。

 

 めっちゃプルンプルンのオッパイにチンコが元気すぎるほど勃起していました。
谷間に挟んでスリスリ、可愛い顔に押し付けたり、フェラもたっぷりしてもらい、痴態の数々を繰り広げられました。
あんま興奮しちゃったせいか、正直射精はかなり早めでした。
これが悪かったのかもしれません。
その後、有美香ちゃんと連絡がつきませんでした。
落ち着いてセックスして、たっぷり快楽与えたら、結果は違っていたかもしれませんね。
それでも、巨乳の看護師さんの中でパコパコできたのは、素晴らしい経験でしたね。

トップへ戻る