白浜町在住26歳女性フロントスタッフのセフレ体験談

白浜町在住26歳女性フロントスタッフのセフレ体験談

 お仕事が忙しいためか、なかなか出会いを見つけられません。
そういう時はどうすればいいかといえば、出会い系でセフレ募集をします。
どうしても彼氏が欲しいという気持ちはありません。
でもワンナイトで、日頃たまった仕事のストレスや、性欲を解消するのは、どうしても必要です。
私が現在暮らしている場所は、和歌山県白浜町です。
近場の方探しができる、有名な出会い系のJメールを利用しています。
確実に、月1回はワンナイトラブを楽しむようになっていました。
でも、すっかりセフレにハマッてしまう、そんな出会いを見つけてしまいました。

 

 いつものようにJメールで、ストレス解消と性欲解消の相手を探して、和歌山県白浜町の複数の方たちとのやりとりを楽しんでいました。
その中にいたのが、27歳の元スポーツインストラクターをやっていたIさんです。
鍛えた肉体が自慢なのか、その写メまで見せてくるんです。
最初は嫌みったらしいかな?って思ったんですが、LINE通話してみたところ、すごく爽やか。
そのギャップにも驚かされてしまいました。
「ドライブぐらい付き合ってくれませんか?食事も一緒に行きたいな」
何となくこの人面白いかもなんて気持ちから、アポすることになりました。

 

 白浜駅前で私を拾ってくれ、ドライブが始まりました。
態度自体も清潔感が漂う人。
しかも体は鍛えられている。
ちょっと、うっとりした気分にもなっている私。
だから休憩して行こうって誘われて、頷いてしまっていました。

 

 今まで見たことがないサイズ!
Iさんがパンツを脱いで大きくなったオチンチンも私に見せてきました。
「でかい!」
20cmを超えるんじゃないか?っていうくらいの大きさ。
しかも天を仰いでいる。
「手コキとフェラしてみて」
「うん」
ものすごいドキドキしながら、コチコチのオチンチンも触る。
サイズが大きくて、心臓が早鐘に。
フェラが終わると、私を裸にして丁寧な愛撫をしてきました。
そして、ビックサイズのオチンチンが、膣に潜り込んできたのです。
今まで感じたことがない快楽。
「はぁっ〜っ、あっあっああっ、いやぁっ、あ〜ん、いいよっ、いいっ、いいっ、はぁっ〜」
自分でも信じられないくらいの声が出てしまっていました。

 

 セフレってあまり継続したことがなかったんですが、この方のデカチンが忘れられなくて、誘われるがままに、月に何度も受け入れてしまっています。

トップへ戻る