堺市在住27歳男性調理師のセフレ体験談

堺市在住27歳男性調理師のセフレ体験談

 あまりにも出会いがないために、セフレでも作ろうかなと思いました。
どんなセフレの作り方にしようかと、考えていたのですが、やっぱりナンパが一番リアルかな?って(笑)。
暇そうな女の子だったら声かければ、お茶ぐらい付き合ってくれる可能性があります。
そこから、盛り上げていけばラブホテルに直行!
この流れを頭の中でイメトレしました。
あんまり可愛いとハードル高いだろうからと、見た目もそこそこぐらいの女の子に声をかけていく。
そうすりゃ、ホテルの中でのズッコンバッコンが可能になるって思いました!
自分住んでいるのは、大阪府の堺市です。
ネットで検索して、堺市のナンパスポットを調べてみたのですが、大仙公園が挙げられていました。
そこなら、自分の住んでいるところからも近い。
ナンパした後は、近場の飲食店でお喋りしてから、ラブホテル!
これで、バッチリ大人のお付き合いなんてイメージをしました。

 

 大仙公園で獲物を物色。
いますねぇ、女の子同士とか、女の子単体。
さすがに俺1人だから、複数の女の子だと問題が起こってしまう。
だから1人の女の方に、的を絞りました。
池の近くのベンチで一人座ってスマホいじっている女の子を発見。
遠くからしばらくは、それを眺める。
確実に暇してそう。
これいけるんじゃね?俺のエッチアンテナが反応。
そそくさと近寄って、声をかけてみる。
「すいませ〜ん!ちょっといい?」
はっとした顔で俺を見る女の子。
警戒心顕って感じ(笑)。
「ごめん、驚かしちゃって!いや、暇そうだから声かけてみたんだよね。良かったらお茶か食事とか付き合ってくんない?1人で食べるのとか、虚しいからさ〜」
「え〜」
「別に、変なこと考えてないから(ここで大嘘(笑))、ただ食事に付き合って欲しいなって思ってね」
そこから、ちょっとしたトークをすることになりました。
女の子が「食べたいものがあるんだけど、奢ってくれる?」と言い出しました。
これチャンス!エッチ出来る大チャンス!食事を食わせることが、設備投資。
そうすれば、その後はラブホテルの中!
ギンギンのチンコを突っ込んで、後ろから前からど〜ぞ!に!!
「いいよ、好きなもの食べさせてあげる、一緒に行こう」
「やったぁ〜」
やはり大阪府の女の子、そこそこノリの軽い女の子でした。

 

 ただし…彼女が食べに行きたかったところ、そこは高級レストランでした。
財布の中身がぁ。
しかも、爆食女子だったから、さぁ大変。
所持金は全て使い果たし、クレカで支払いを(泣)。
さらに追い打ちをかけるように、食事食べたらさっさと帰ってしまったのです。
その後ろ姿を、呆然と見送るしかできませんでした。

トップへ戻る