仙台市在住42歳パート主婦のセフレ体験談

仙台市在住42歳パート主婦のセフレ体験談

 北仙台駅まで私を迎えに来てくれたのが、年下のセフレです。
夫がかまってくれなくなって、かなり長い年月が経過していました。
だからすごく不満な気分に。
時間のある時は、オナニーをしていました。
エッチなオモチャまで購入して慰めていたけれど、我慢も限界に。
雑誌広告でふと見かけた、YYCという安全な出会い系を利用してしまったのです。
私の女の部分を満足させてくれる、魅力的な出会いを求めてでした。
私は宮城県の仙台市在住です。
市内の男性の中から、この人ならと思う人を見つけようと思い、募集をしていました。
知り合ったのが、29歳っていう若い男性。
若い人なら、オチンチンも元気だろうし、激しいエッチをしてくれるかもしれないという期待を持ちました。

 

 あまりにも近くで関係を持ってしまうと、知人にバレてしまう可能性もあります。
だから、住んでいる宮城県仙台市内でも、離れた場所まで連れて行ってもらうため、迎えに来てもらいました。
通話は何度も行ってたし、時間がある時はテレフォンセックスまでしてしまっていました。
とっても強い興奮を味わってしまった人ですから、セフレにしてしまいました。

 

 仙台東インターチェンジの方まで行ってもらって、そちらで関係を。
セフレは初めての経験ですから、ドキドキ感がとっても強くて、それでいて期待する気持ちも同じくらいありました。
初めて、付き合ってもいない男の人のオチンチンを見る。
とても大きく立ち上がっている。
私の心は、かき乱されていく感じでした。
「思いっきり舐めて」
素直に従いフェラを始めました。
久しぶりのオチンチンに興奮は強くなるばかり。
初めて会った人に、裸にされ体を触られていく。
「エッチな肉体なんだね。マン汁がすごく出てる」
こんなこと言われるなんて、ものすごい興奮でした。
たっぷり触ってくれ、舐めてくれ、そして待望の挿入。
だけど、すごく早い人だったんです。
数回程度を往復しただけで、射精してしまいました。
射精した後は、深い眠りについてしまう。
触ってもらったり、挿入してもらったことは、とっても良かったんですけど…。
すごい早い射精に、どうしても納得はいきませんでした。
また別の人探さなければいけないかもしれません。
出会い系のYYCなら、秘密でセフレ募集ができるのですから。

トップへ戻る