富山のセフレ体験談

富山のセフレ体験談

高岡市在住29歳男性会社員のセフレ体験談

 オンラインゲーム、モ○ゲーで仲良くなれた女性がいます。
ネットの世界ですから、詳しい年齢などは相手に伝えなかったのですが、少し年上の人でした。
3カ月近く、オンラインゲーム上で楽しくやり取りをした方です。
相手から、無料通話アプリ交換をして、話してみたいと言い出しました。
カカオトークなら問題はないだろうと、ID交換をしました。
「何歳の方なんですか?」
「私、38」
「僕より年上なんですね。僕は29です」
さらに、住んでいる場所に話が及び、同じ富山県高岡市住みなのも分りました。
「ネットで知り合って、同じところに住んでいるなんて、奇遇ね」
「本当ですね、驚かされますよ」
こうして、無料通話アプリカカオトークでの交流が始まりました。
富山県高岡市内で、生活しているという親しみ、同じゲームで盛り上がった間柄ですから、月に何度も会話するようになりました。

 

 綾さんの方からでした。
「お食事に付き合ってくれる時間ある?」
と聞いてきました。
「ランチなら、休日ならOKですよ」
こうして高岡駅前で待ち合わせすることに。
決して、下心があったわけではありません。
セフレにして、エッチやりまくるという気持ちはありませんでした。

 

 写メを見せてもらってはいたのですが、実際にすごく若く見える。
同年代ではないか?と思えるぐらいでした。
「結婚してるんでしょう?」
「夫は、海外に単身赴任で、しばらく帰ってこなくて」
どうやら、寂しさがあったようです。
「だから、オンラインゲームとかもやってたんだよ」
と言っていました。
綾さんは、それからちょくちょく僕を誘い出すようになりました。

 

会うようになってから、3週間ものことでした。
綾さんの運転する車で、ホテルに向かってしまったのです。
僕も本当に驚きました。
「いい?」
聞かれて「うん」と応えるしかありません。
セフレになれるなんて思ってもいませんでしたから。
若作りの熟女。
その肉体まで美しい。
30代後半にはどうしても見えない。
僕は完全に理性というものをなくしてしまっていました。
まるで獣になったかのように、年上の人妻の肉体を抱き続けました。
ガッツリ挿入し、行為が終わったあと言われました。
「こんなに感じたの初めてかも。また会ってくれる?」
「ぜひ」
オンラインゲームで知り合った人妻綾さんと、セフレとしてのお付き合いが始まりました。

富山のセフレ体験談記事一覧

 家庭内が冷え切ってしまっていたため、癒やしを求めるために登録したのが出会い系Jメールです。セックスだって、長い年月していません。心を許せる方がいるのだったら、抱いてもらってもいい。セフレになってくれても、いいって言う気持ちを持っていました。私は富山県富山市在住です。大手の出会い系Jメールですから、県内市内の男性会員の数も大変多く、期待する気持ちを持てました。多くの方とやりとりができて、この人だと...

トップへ戻る