JCとの援助交際の待ち合わせ場所に登場した年増女子

JCとの援助交際の待ち合わせ場所に登場した年増女子

 瞬く間のやりとりになりました。
こんなに簡単でいいの?って思ってしまうほどでした。
セフレが欲しいと考えているJC、1回目だけホ別2の援助交際をしたいと条件を提示してきました。
その理由は、保険のようなもの。
安心を買うためだと言うことです。
しかも2回目からは、料金不要で肉体関係を継続。
支払った2万円は、次回からのホテル代になるという好条件。
1回目の援交は、問題ないとさえ感じてしまったのです。
写メも要求して見せてもらったのですが、なかなかの美少女。
欲求不満の僕のチンチンは起き出してしまっていました。
しかもすぐオフパコ可能と言ってくれました。

 

 それはもう、そわそわした気持ちなんてものじゃありませんでした。
喜びをたぎらせつつ、相手が指定してきた集合場所に出かけていきました。
到着後、心を騒がせつつ相手が到着するのを待つ状態。
どんなエッチな行為を楽しめるのか、妄想が膨らみっ放しでした。

 

 待ち合わせに成功しました!
相手と、対面できました!
ですが…。
10代前半が来るはずだったのに…。
目の前にいるのは、どう考えても年増女子。
へっ?
えっ?
なんぞ?
僕の脳内は、完全フリーズ状態でした。

 

 なんやかやでホテルの中に。
素人に挿入ができるのだからと、腹をくくりました。
しかしこれ、最悪中の最悪。
愛想一つ無い。
淡々とフェラされて、瞬く間にオカ○トのゴムを装着され、挿入要請でした。
パコパコやったところで、相手は感じてくれませんでした。

 

 2回目から無料というのだから、とりあえず年増女子に連絡を入れてみました。
すると冷たい一言が返ってきました。
「次回も同じ料金が必要」
これ、いったい何だったの?

 

 Twitterで待ち合わせした相手の正体を教えてくれたのは、とても仲良くしているフォロワーさんです。
「それ、業者だよ援デリっていう」
瞬間、凍りついてしまう僕でした。

トップへ戻る