広島のセフレ体験談

広島のセフレ体験談

福山市在住31歳OLのセフレ体験談

 私は広島県福山市に住んでいる、アラサーのOLです。
29歳のときに、彼氏と別れて以来、恋人を作った事がありません。
恥ずかしいけど、お股の方が不満になってしまってて、それで利用を始めたのが出会い系のJメールでした。
誰彼構わずっていうわけじゃありません。
会っても大丈夫な人。
フィーリングがピッタリな人。
私が気になる人と待ち合わせをして、大人のお付き合いのセフレになります。
過去には継続した経験もありますが、最近は単発ばかりって感じです。
Jメールって有名な出会い系は、広島県のユーザーもとっても多い。
福山市内のユーザーだって、同様です。
それなりに、満足する出会いって、かなり転がっているって言えます。

 

 掲示板に投稿すると、大勢の男性たちからメールを受け取れるから、自分が必要とされているようで気分が良くなります。
短期間でメールが終わってしまう人もいますが、年下の20歳の男の子とは、1カ月近くもメールを続けていました。
彼は「年上の人の方が好みなんです」と言ってくれました。
いつしかLINEで通話するようにも。
「恥ずかしいんだけど、まだ童貞なんですよ。年上の人の体で初体験したいって、ずっと妄想しちゃってて」
これを聞いた時、私のアンテナが反応。
「相手はアラサーでも大丈夫なの?」
「もろツボですからね、大歓迎って感じですよ」
「そんなこと言われると、嬉しくなっちゃう」
「良かったらビデオ通話で、顔を見せてもらえませんか?」
カメラを起動すると「あっ、美魔女じゃないですか」と言ってくれました。
童貞卒業のお手伝いをしてもいいなっていう気持ちになりました。

 

 待ち合わせを決めたのは、それから少し経過してからのことでした。
セフレとして、童貞くんを筆おろしするため、東福山駅まで車でお迎えに。
見た目が、結構可愛い草食系な感じの男の子。
アラサーのハートに火が付いてしまいました。

 

 見た目の雰囲気と、オチンチンのサイズが全然違う。
ものすごく立派で、コチコチでした。
優しく手コキをしてあげると、うっとり表情に。
「そんなにされたら、射精しちゃいます」
「まだ出しちゃダメだよ」
今度はフェラで、コチコチのオチンチンを刺激。
「あっ、すごい…いいです」
「今度は私も刺激して」
お姉さん気取りで、年下のセフレにお願い。
本当に一心不乱で服を脱がせ、私の体を触り舐め、見続けていました。
コチコチの童貞くんのオチンチンが、私に入ってくるととっても気持ちよくって、彼の心をくすぐるようなアヘ声をいっぱい出してしまいました。

 

 年下の男の子と、継続してエッチを楽しんでいます。
甘えてくれるし、一生懸命エッチしてくれるし、とっても魅力的な相手になってくれています。

広島のセフレ体験談記事一覧

 出会い系のハッピーメールで共鳴できたのは、見た目は清楚な21歳でした。異性のギャップに心奪われると言うことは、男女共にあることですが、清楚な面の皮の裏には、淫乱なメスが潜んでいました。 俺のスペックは、33歳の独身男。彼女といえば、いない!住んでいるところは、広島県広島市内です。あまり出会いがないから、利用したのがハッピーメールでした。誰もが知る大手の出会い系だから、広島市内のセフレは簡単に見つ...

トップへ戻る