ホ別3の支払いをAmazonギフト券を購入してDM送信

ホ別3の支払いをAmazonギフト券を購入してDM送信

 初回だけホ別3の支払いをすれば、2回目からはタダマンと言ってくれた女子高生は17歳です。
アイコンを見ても、アイドルのような可愛らしさ。
別途、写メも送ってもらうことに成功。
これが、また可愛いとセクシーの中間ぐらい。
心が乱れまくってしまいました。
援助交際は好きではないけれど、支払いは初回のみ。
2回目からは、可愛い女の子のオマンコに挿入しまくれるのです。
ある意味、好条件と言える提案です。
この可愛い女の子を、逃してなるものかという気持ちから、支払いに応じることにしました。

 

 支払い方法なのですが、これが前払いだったのです。
どうやって前払いをするのか、聞いてみました。
コンビニやネットで、Amazonギフト券を購入する。
そこに書かれている、ギフト券番号を写メにして送信すれば良いとのこと。
これはナイスで手軽と思い、すぐさま購入しました。
相手に言われた通り、写メを撮影、DM送信をしていきました。
これで即パコ決定と、ウキウキ気分になりました。

 

 しかれども、連絡がやってきません。
ギフト券コードを確認したら、すぐにでも会ってくれるという約束でした。
しかし、連絡がやってこない。
しびれを切らし連絡を入れてみました。
その連絡の返事もない。
焦りが滲み出してくる。
すぐにセックスがしたいため、より焦りが強烈になっていきました。
気が付いたのですが、アカウント自体が消滅してしまったのです。

 

辻「なんだ、典型的なギフト券詐欺じゃないか」
 とは、同僚の辻村の言です。
週末の酒の席でのことでした。
辻「知らなかったのかい?今すごく流行っているのが、金券詐欺なんだぜ」
僕「まさか、本当に詐欺?あれJKじゃないの?」
辻「アイコン、メチャクチャ可愛くなかった?」
僕「可愛い女の子だった」
辻「2回目からタダマンて言われたろ」
僕「うん…」
辻「そんな都合の良い話、世の中にあると思っているわけ?完璧な詐欺じゃないか」
断言されてしまった時、顔面蒼白に…。
辻「エロ垢だからと盲信すると、痛い目に遭うんだよ」
やや呆れ気味でした。

トップへ戻る