豊田市在住29歳男性販売員のセフレ体験談

豊田市在住29歳男性販売員のセフレ体験談

 既婚者なのに、セフレを作ろうと思ったこと自体が失敗の元だったのかもしれません。
いいように弄(もてあそ)ばれてしまって、無駄な出費も発生してしまいました。

 

 自分の勤めている販売店に、アルバイトとして入ってきたのが21歳の女子大生玲奈ちゃんです。
この子は、誰もが認めるとってもキューティーな女の子でした。
僕の部署で仕事をすることになり、手とり足とり仕事を教えることになりました。
同僚たちから「あんなに若くて可愛い女の子と一緒で、羨ましいぞ、この野郎(笑)」とからかわれてしまうほどでした。
「よせよ、仕事なんだから仕方ないだろう」
と言いつつも、やはり可愛い年下の女の子と一緒に仕事をすることが、とても魅力的に感じました。
1週間も経過すると、玲奈ちゃんも仕事にも職場にも慣れてきたようでした。

 

 その日は早上がり、玲奈ちゃんと帰りが一緒になりました。
「Hさんは、どこに住んでるんですか?」
「愛知県豊橋市の〇〇」
「生まれも愛知県豊橋市なんですか?」
「うん、学生の頃は東京に出てたけどね、子供の頃から市内で生活している」
「どこか美味しいお店とか知ってますか?お腹減っちゃってて」
「なら一緒に食べに行く?」
「いいですか?お願いできたら嬉しい」
魅力たっぷりの年下の女の子の笑顔を見せられては、断るわけにもいきません。
当たり前ですが、こういう瞬間は男として大きな喜びを感じました。

 

 その後も、なにかあると玲奈ちゃんは僕に話し掛けてくる。
「一緒にお酒飲んだら楽しそうですよ」とリクエストしてくるので、連れて行ってやる。
カラオケに誘ってくることもある。
周囲の目こそ気になるものの、そこは男の悲しい性。
若い女の子に頼られては弱い部分です。
「彼氏とデートに行かないのかい?」
「彼氏いないんですよ」
「そんなに可愛いのに、いないわけないでしょ」
「嘘じゃないんですよ、なぜかモテなくて」
ますます男の心をかき乱す事を言われてしまいました。

 

 自分は既婚者ですから、恋愛するつもりはありません。
でも大人の付き合いは楽しみたい。
セフレって関係。
この年下の可愛らしい玲奈ちゃんが、セフレだったら最高過ぎです。
いつかそんな欲望が、大きく渦巻くようになっていました。

 

 玲奈ちゃんから相談されたこと。
「給料前でお金が本当になくて困っちゃってて…給料出たら返すから貸していただけませんか?」
「いくらぐらい?」
「5万円ぐらいだと嬉しいです」
さすがに、この金額はキツイものの、へそくりから出して渡してやりました。
「ありがとうございます。ちゃんと給料日には返します。それとHさんと、お礼に関係も…」
まさにドキッとした瞬間となりました。

 

 結果、給料日前に彼女はアルバイトを辞めてしまいました。
その後、完膚なきまでに音信不通。
散々、御馳走させられたり、また5万円の借金も返却しないまま消え失せてしまいました。

トップへ戻る