江東区在住27歳女性販売員のセフレ体験談

江東区在住27歳女性販売員のセフレ体験談

 東京都にある江東区で生活をしている、デパガです。
前の彼氏と別れて、2年以上経過しているのですが、次の出会いが訪れませんでした。
さすがに、彼氏が欲しい気持ちが強くなっていました。
仕事をしていると、出会いのチャンスを掴むのも難しく、どうしたらいいのか?と迷ってしまっていました。
私と同じように、社会人で出会いのない友人が1人います。
「ダメ元で、相席居酒屋とか使ってみない?」
とLINEで通知を送ってきました。
瞬間、こういうのも悪くはないのかもと思いました。
偶発的な出会いで、刺激的なお付き合いが始められるのでは?
そんな期待から、友人の誘いに乗ることにしました。

 

 江東区内には、お目当ての居酒屋がなかったようで、東京都内の別の場所のお店に行くことになりました。
恋活のための居酒屋ですから、自然に期待が高まってしまっている私がいました。
もしかしたら、運命的な出会いもなんて、想像するだけでゾクゾクしてしまいます。

 

 飲めば自然とお喋りにも花が咲きます。
見た目は全然良くなく、タイプでもなかったけれど、こういう時間を過ごすのも悪くはないなって感じでした。
「せっかく、ここで楽しめたんだから、カラオケでも行って派手に歌わない?」
2人の男性に誘われて、友人と一緒に歌いに行くことになりました。
カラオケでもお酒一杯飲んじゃって、随分はしゃいでしまいました。
それでつい、誘われるがままにラブホテルにという流れになってしまいました。
セフレを望んでいたわけじゃありませんでした。
セフレ募集のつもりで、相席居酒屋に行ったわけでもありません。
だけど確かにエッチ全然していないし、ここらへんで解消しておかなければって気持ちもありました。
ところが、相手の男の人が、あまりにも下手でびっくり。
愛撫も、ちょこっとしかしてくれないんです。
その癖、私にはあれこれやって欲しいと言ってきます。
しかも、手コキをしている最中に、射精してしまうんです。
そして、そのまま眠りに落ちてしまいました。
期待した私もバカだったのかもしれませんが、これじゃあんまりって感じです。
ものすごい不満が残ってしまう出会いでした。
もちろん、二度と会いたいという気持ちにはなりませんでした。

トップへ戻る