足立区在住30歳男性警備員のセフレ体験談

足立区在住30歳男性警備員のセフレ体験談

 僕と同じ東京都足立区で生活している、21歳の女子大生と知り合ったのが出会い系のYYCでした。
順調なメール交換の後、LINEで直接声を聞くことにも成功。
ここまでくるのに、時間も必要なくて、驚くばかり。
女の子って、知らない男となかなか通話してくれないものですからね。
今回は、かなり幸運だったんじゃないかって思います。
「どうせなら、ビデオ通話しようよ」
「はい、いいですよ!」
カメラを起動してくれたのですが、本当にびっくりでした。
どこか、お嬢様のような雰囲気。
整った、とても可愛らしい顔立ちの女子大生でした。
「瑠珠ちゃん、すごい可愛いじゃない!ミスキャンパスとか選ばれたことあるんじゃない?」
「そんなに可愛くないですよ、ミスキャンパスとか興味なくて出たことはありません」
笑顔がとても優しく、チャーミングすぎて、心臓がバクバクものでした。
魅力的な異性ですから、男としては性的な視線でとらえてしまいます。
可愛い顔でフェラをやってもらったら、どんなに興奮できるだろうか。
挿入してやったら、どんな表情になるのだろうか。
セフレになりたい!
ビデオ通話しながら、そっち方面の妄想が激しくなり、勃起してしまいました。
ダメ元で、ちょっとエッチな話をしてみたのですが、意外にもちゃんと返答をしてくれます。
「彼氏いないの?」
「今は1人なんですよね」
「体が寂しくなったりしないの?」
「まぁ、ありますよ、そういう時は」
「1人で楽しんじゃうんだ」
「うん…恥ずかしいな…」
その恥ずかしがっている表情が、めっちゃチャーミングに感じてしまいました。
大人の話も大丈夫の女の子。
しかも同じ東京都足立区在住。
ここで誘わなければ、絶対に後悔すると思いました。
「なんなら、お茶ぐらい付き合ってくれない?」
「時間の空いている時なら、大丈夫です」
アポが決定しました!

 

 竹ノ塚駅前のカフェで待機していたら、瑠珠ちゃんがやってきてくれました。
生で見ると、猛烈に可愛らしいと感じてしまいます。
一通りのお喋りを終えた後、思い切って誘ってみることに。
すると、首を縦に振ってくれたのです。
信じられない気分でした。
お嬢様のような女子大生が、会ったとたんにラブホテルに入ってくれると言ってくれたのですから!
セフレになってくれた瞬間でした。

 

 見た目とは違ってエロエロ。
猛烈な乱れ方に、今までにない興奮を感じてしまう自分。
ビンビンの肉棒を差し込むと、乱れに乱れて一心不乱に快楽を味わう姿を披露してくれました。
フェラも、バキュームフェラだったから驚きの一言。
見た目とのギャップに、凄まじい興奮を覚え、激烈なピストン運動を繰り返し、大量射精してしまいました。

 

 こんなに簡単にセフレ募集に成功したのは今回が初めて。
エッチが大好きな女子大生と、その後の肉体だけのお付き合いを続けることにもなり、とってもハッピーです。

トップへ戻る