石川のセフレ体験談

石川のセフレ体験談

輪島市在住33歳専業主婦のセフレ体験談

 子供がいない専業主婦の私、しかも夫は出張が多めで、1人で生活する時間が長くなってしまっていました。
1人で、家にいる時間の長さに、最近では辟易しています。
それに夫がいないことが多いため、夜の営みというのも御無沙汰でした。
こういったこと言うのは恥ずかしいけれど、毎日のように1人で慰めてしまいます。
精神的な部分も、肉体的な部分も、満たされない日々が続いてちょっと情緒不安定だったりもしました。
男性にきつく抱き締めて欲しい。
熱い愛撫をして欲しい。
こんな欲望が強くなっていました。

 

 秘密の関係だったら、そんな思いからでした。
出会い系の有名なハッピーメールに登録してしまいました。
どうしてもセフレ募集をしたいという気持ちより、もしかしたら何らかの縁があったらという気持ちからでした。
私は石川県の輪島市で生活をしています。
近場の方で、優しい男性だったら、抱かれてもいいかな?っていう軽い気持ちでした。
どうしてもセックスして欲しいと言うより、ちょっとした冒険心をくすぐってもらえたら、それだけでいいという感覚です。

 

 出会い系は初体験です。
人気の大手出会い系サイトのハッピーメールですから、石川県のユーザーが大量って感じでした。
もちろん輪島市のユーザーもです。
掲示板に投稿することで、市内の男性にメッセージを見てもらうことができるようになっています。
これなら、夫に内緒で…そんな気持ちも盛り上がってしまいました。

 

 投稿すると、ちらほらとメールが届きます。
自分を必要とされている、そんな錯覚にも陥ってしまいます。
メール交換は複数の方たちと楽しみました。
話が盛り上がった方とは、カカオトークを使って通話もしました。
35歳の既婚の方から、食事のお誘いも受け、待ち合わせすることに。
市役所の駐車場で、私を拾ってくれました。
デートですから、安心感もあり、久しぶりの男の人との食事に心が満たされていく部分がありました。
この既婚の方とは、その後もデートを繰り返すようになりました。
安心できる人でしたから、私の心はすでに決まっていました。
セフレとしての、お付き合いをしてもいいって。
ある日のドライブの時、自分から体をスリ寄せて、彼にアピール。
そんな私を見て、ラブホテルまで連れて行ってくれました。

 

「シャワーしてきます」
 私が言うと、相手の方も「それなら、洗ってあげるから一緒に入ろう」と服を脱ぎだしました。
いきなり、オチンチンを見せられてしまって、ものすごいドキドキを味わってしまいました。
裸を見られる恥ずかしさと共に、興奮が湧き上がってきます。
セフレに、体を洗われてしまう。
私も彼の大きくなっているオチンチンを、たっぷりと洗う。
バスルームから出たらすぐに「口で気持ちよくして」とお願いされ、素直に従ってしまう私。
フェラの後は、思いっきり熱いキスをされ、押し倒されて体を預けてしまいました。
久しぶりのエッチでしたから、燃え上がってしまいました。
男性自身を受け入れ、激しい悦楽を満喫。
「旦那さんが帰ってくるまで、気持ちよくしてあげる」
こんな嬉しいことまで言われて、素直に甘えてしまいました。

石川のセフレ体験談記事一覧

 仕事仲間とサシで酒を飲んでいた時のことです。同僚が言い出しました。「なぁ、ちょっくら相席居酒屋とか言ってみね?」時間は21時40分。「飲んで相席居酒屋に行く女の子とかいるらしいんだよ。相席すると女の子って無料だから、そこで時間潰したりするらしいんだよね」なにやら詳しげに、同僚が言ってきます。それ、悪くないなと思いました。おっさん2人で酒を飲むよりは、知らない女の子と飲むほうが確実に楽しいですから...

トップへ戻る