川崎市在住24歳OLのセフレ体験談

川崎市在住24歳OLのセフレ体験談

都内の会社に通うため、現在は神奈川県の川崎市で生活をしています。
東横線を使えば、東京まですぐに行けるし、立地の良い場所で生活ができています。
最近なんだけど、利用を始めたのがハッピーメールです。
その理由は、性欲解消を目的としたものでした。
学生時代から付き合っていた彼氏と別れて、それからの出会いが見つからなく、性的な不満を強く感じてしまっていました。
多分、性欲の方が強いんだと思うんですが、激しいムラムラ感に襲われることも多々あります。
本当に朝からオナニーしてしまうなんて、ザラって感じ。
これ放っておくと、あまりよくないなって感じました。
人気の大手出会い系ハッピーメールだと、利用者の質も高いと聞いていましたから、こちらに登録しました。

 

 ハッピーメールで始めてのセフレ募集で知り合った相手の人は、25歳のフリーターでした。
年齢が近くて、ガツガツしているかなって思っていたのですが、通話した感じでは全くそういうことがない。
かなりフレンドリーな雰囲気で、親しみを持てる方でした。
こういう人と、セフレになるって悪くないな、通話しながら率直に感じてしまいました。

 

 仕事が終わってから、フリーターの人から連絡がやってきて、会えないかとのこと。
私がいる方まで来てくれると言うので、神奈川県川崎市の新丸子まで来てもらうことになりました。

 

 駅前にある飲食店で、お酒もいただきながらの食事でした。
「今日、お付き合いしてもらえない?」
「お付き合いって…」
「我慢できない気分でさ、それで呼び出してしまったんだ」
女としてすぐに返事をすることはできないけど、実は私もそんな気分でした。
だから上手に誘ってくれないかなと、次の言葉を待ちました。
「多分相性もいいし、思いっきり楽しめるんじゃないかって思うんだよね」
そっと体に触れられた時、首を縦に振ってしまっていました。

 

 新丸子駅から歩いてあまり離れていないところに、ラブホテルがあるのが分り、そこで関係を持つことになりました。
すごい恥ずかしいことなんだけど、なにもされていないのにエッチなお汁が溢れ出してしまっていました。
パンツを脱がされ私のあの部分を見て「すごく溢れ出しているね」って言ってくるし、メチャクチャ恥ずかしいんだけど、でもすごい興奮状態。
セフレを探すために募集しててやったのだから、覚悟を決めたって感じでした。
前彼と別れてから、初めての肉体関係に、自然と心が躍ってしまっていました。
その人、なかなか頑張ってくれる人で、私の感じる部分を一生懸命見つけようとしてくれました。
そのたび大きな快楽が、体を走っていく感じでした。
肉棒を挿れられて、小気味よく動かされてしまって、自分が自分でなくなってしまうような、そんな錯覚まで。
とっても気持ちよくされちゃって、休憩だけのつもりだったんだけど、宿泊までOKしてしまいました。

 

 結果的に、エッチの相性もバッチリ。
一緒にいても苦痛じゃない人だったから、定期でセフレになってもらうことにしました。

トップへ戻る