セフレの作り方を知る大学時代の友人のアドバイス

セフレの作り方を知る大学時代の友人のアドバイス

 大学時代の友人の片桐と、週末を利用した久しぶりの差しの飲みになりました。
酒も回って酔い始めると、先日経験したLINE掲示板の話をしたくなりました。
自分「実はさ、セフレ探しをしようと思って――」
事の顛末を友人に語りました。
すると、目を丸くしていました。
きっと、自分がセフレなんて、驚いたに違いないと思いました。
ところが、そうではなかったのです。
片桐「あのさ、それ素人がおかしがちな、典型的な失敗例じゃないか」
キッパリと言いのけたのです。
自分「典型的?失敗例?」
片桐「無料の方が出会いやすいと思っちゃうパターン」
自分「違うのか?」
片桐「違う!完膚なきまでに違う!」
なにやら自慢げに否定をしてきたのでした。

 

 話の流れで、彼にセフレがいることが分り、驚愕しました。
彼も自分も、ほぼ同等。
顔だって普通。
性格だって普通。
女の子にモテるかって?
もちろん、お互いモテませんでした。
自分「モテなかったのに、なんでセフレ作れたの?」
片桐「それは努力と忍耐、そしてテクニックだよ」
にんまりと笑うその表情に、確かな自信を感じてしまったのでした。

 

 彼が言うには、完全無料のサービスというのは、出会い探しには絶対にお勧めできないとのこと。
悪質な騙しが多くあると言われました。
悪質なサイトの勧誘。
ネットワークビジネスの勧誘。
ネカマの冷やかし。
さらに援デリという風俗業者もいるのだそうです。
片桐「さらに、ギフト券詐欺も流行中だから、要注意なんだよね。それにさ18歳未満と知りあっちゃう危険性まであるからね」
危険だらけの世界なんだと、彼は真顔で言い出しました。
片桐「本気でセフレが欲しいなら、人気の老舗出会い系サイト以外は考えられないんだ」
自分「出会い系サイトなのか…本当に大丈夫なのか?詐欺とかは?」
片桐「老舗の出会い系なら、まず詐欺はありえない。女は確実にいる。攻略方法を間違えなければ、オフパコに持っていけるぞ」
確かな自信を、彼の発言に見いだせました。

トップへ戻る