オナ電を3回重ねた女の子と待ち合わせてリアルセックス

オナ電を3回重ねた女の子と待ち合わせてリアルセックス

 音依琉(ねいる)ちゃんと、最初からビデオ通話。
彼女は見られることで、大きく感じてしまう変態娘だったのです。
いきなり若い女性が、下半身裸で触っているところを、スマホ越しに見てしまうのです。
激しい衝撃を感じざるを得ない状態でした。
こちらのオナ指示に従い、素直に若いオマンコを触り続けてくれる。
腰を浮かし、体をくねらせ、快楽に耽る姿はまさに変態女そのものという感じでした。
見られてより興奮したのか、マン汁が激しく出ているのがよく分りました。
気持ち良さそうなヨガリ声を出し、夢中になってオマンコを弄る。
持っているローターを使い、クリを刺激する。
指を膣に突っ込んで、ぐいぐいとやっている姿を見て、一心不乱に肉棒をさすり続けてしまったのでした。

 

 音依琉は見られて大興奮するスケベ女だったこともあってか、3回程度のオナ電で、待ち合わせを決定できました。
ホテルの中で見た、若い瑞々しい肉体は、この世のものではないような気持ちにまでさせます。
重力に逆らうかのような、綺麗なオッパイの形。
くびれたウエスト。
引き締まったヒップ。
どれをとっても、美そのもの。
ビデオ通話で見た、あのオマンコも目の前に。
しっかりと濡れ、マン臭も漂ってくるほど。
リアルになれば、さらに大興奮。
音依琉「アナルも犯してください」
お願いまでしてくるのです。
オマンコの穴ばかりか、アナルにも挿入ができました。

 

 同僚佐伯から伝授されたセフレの作り方で、若い女性との関係を作れたのです。
さすがに感動を禁じざるを得ない状態でした。
酒の席でも、彼にこの話をしました。
佐伯「セフレは1人じゃなくてもいいわけだからな、引き続き頑張れば若いオマンコを食い尽くせるぞ」
にんまりと笑いながら言われました。
安木(私)「もちろんそのつもりだよ。妻の目の届かないところにいるうちはね(笑)」
その日の酒は、大いに盛り上がりました。

トップへ戻る