長崎のセフレ体験談

長崎のセフレ体験談

佐世保市在住31歳男性販売員のセフレ体験談

 長崎県佐世保市で一人暮らしをしている男です。
積極的に探していたわけではないのですが、セフレを作ってしまいました。

 

 ハードな仕事をこなし、翌日は休日ということもあり、21時ぐらいに行きつけのBARで、1人酒を飲むことに。
一日の疲れを癒やす、カクテルを胃の中に流し込んで一息ついていました。
カウンター席には、自分の他にも女性が1人でカクテルを飲んでいるのが分りました。
アルコールが回り始めると、喋る相手も欲しくなる。
いっぱい起こると、彼女に話し掛けてみました。
「仕事がうまくいかなくて、ちょっとストレスだったんですよ」
多少憂うつそうな表情で、話し出してきました。
「自分も同じですよ。仕事が大変で、精神的にも疲れてしまってて」
そこは社会人同士、同じ苦労があるからと、あっという間にうちとけられました。
彼女も長崎県佐世保市出身でした。
話が盛り上がり、シーサイドパークを散歩することになりました。
そういえば、女性とこうやって2人きりで、のんびりした時間を過ごすのって、いつぶりなんだろうか?
そのこと考えながら、付き合ってくれた女性の横顔を見る。
気があったせいか、とても魅力的に感じました。
ナンパなんてした経験はありません。
これからも、積極的にナンパをしようなんて言う気持ちもありません。
でもその時、相手の女性の横顔を見た時、関係を持ちたいと強く思ってしまいました。
お酒も入っているし、この雰囲気はとても良い傾向にある。
そっと近づいて、耳元で「2人きりになれるところに、行きませんか?」とささやいてみました。
ちょっと驚いた表情の彼女。
そしてふふっと小さく笑い、うなずいてくれました。

 

 初めからセフレにするなって思っていませんでした。
でも流れでラブホテルに連れ込めてしまいました。
初対面でいきなりこんな場所に来る。
こんな幸運に恵まれて、まさに感謝という感じです。

 

 きつく抱き締めて、熱いキスを。
服の上から胸を触る。
かなりの膨らみには驚かされました。
下着の中に手を入れて、オマンコを触ろうとすると「ダメ、洗ってからじゃないと」とバスルームに向かう。
一緒に入って、洗い合う。
「コチコチになってる」とチンコを触りつつ彼女は言いました。

 

 初対面も女性相手に、我を忘れたセックスでした。
愛撫を続け、挿入して前後運動に励む。
強烈な喘ぎ声を聴きながら、たっぷり射精できました。
まさか、ナンパしてセフレを作るなんて、自分でも考えていませんでした。

長崎のセフレ体験談記事一覧

 男だったら誰だって、心を乱されてしまうのがセフレってやつですよね。特に非モテな男だったら、余計にエッチだけの女の子と知り合いたいって思うものです。かくいう自分も、その1人です。小太りの低身長で、面白いやつでもない自分は、女の子に縁がない生活を延々と送っています。だからこそ、エッチだけのお付き合いの女の子と知り合いたい!欲望を渦巻かせていましたwセフレ募集するに当たり、お金を使うなんてばからしい、...

トップへ戻る