鹿児島のセフレ体験談

鹿児島のセフレ体験談

霧島市在住25歳男性会社員のセフレ体験談

 セフレ募集というのは、男なら誰もがロマンを感じるものではないかって思います。
どちらかといえば草食系な僕だって、奔放な大人のお付き合いというのには、多少なりとも興味を持ってしまうものです。
ただ、内向的な性格だし、あまり積極的に求めないタイプですから、自分自身ではセフレを作ることはないだろうと思っていました。
でも、ひょんなことから男女関係を作ってしまいました。

 

 30歳の人妻有紀さんと知り合ったのは、生活している鹿児島県霧島市のカルチャースクールです。
趣味がなかったため、地元のカルチャースクールに通うようになりました。
料理教室を選んだのは、一人暮らしだったからです。
自分で料理くらいできるようになったら、食費も軽減できるんじゃないか?という気持ちからでした。
同じ教室に、有紀さんがいて、一緒に料理を作っているうちに意気投合していきました。
料理教室が終わった後は、お茶を飲みに行くようにもなる。
「子供いないんですよ。夫は出張も多くて、ちょっと寂しいんですよね」
1人でいる時間が多いため、料理教室に通うようになったと言っていました。

 

 互いに激しく求める性格ではありませんでしたから、日々合っていても大人のお付き合いにはなりませんでした。
だけど、ソフレっていう関係になりました。
添い寝するだけの関係。
これで、とっても不思議と、僕も癒やされる気分を感じていたし、有紀さんも同じだったようです。
ただ添い寝するだけではなく、キスやオッパイにタッチなどは許可をしてくれました。
月に何度かは、ビジネスホテルのデイユースで、体を密着させ、癒やしを感じる時間を楽しんでいました。

 

 その日も、いつものようにソフレとしてビジネスホテルの中で一緒にベッドの中にいました。
有紀さんは綺麗で優しい顔立ちをしていて、少し寝息をたてていました。
軽く唇を合わせる。
また、有紀さんの綺麗な顔を見る。
胸を触る。
ふと目を覚ました彼女、いつもより激しいキスをしてきました。
ソフトなものではありません。
濃厚なディープキス。
さらに、勃起したチンコをさすり始めたのです。
今までにない行動に、心底驚きを感じてしまいました。
人妻にされるがままに、下半身裸にされ、フェラをされました。
言われるがまま、彼女の肉体を刺激していき、初めて挿入することに。
「ごめんなさい。どうしても我慢できない気分だったから」
胸に顔をうずめてきました。
この日を境に、ソフレからセフレとしての男女関係になっていきました。
鹿児島県霧島市で、こんなセフレの作り方をしてしまいました。

鹿児島のセフレ体験談記事一覧

 鹿児島県鹿児島市で生活している地味で目立たない私にも、セフレができました。性的な部分の不満を解消できるようになり、私の人生が変化したように感じます。出会いの場所は、出会い系のJメールでした。 一度も、男性とお付き合いした経験がありませんでした。美人系でもなく、可愛い系でもない私。ごく普通な感じだとは思うのですが、かなり地味な印象を与えてしまうようです。だから、男友達すら作った事がありませんでした...

トップへ戻る